<< いいとも? | main | 新宿御苑 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

忘れ雪



忘れ雪

イロイロ、気になるトコはあったんだけど
でも

これだけ好きになれる人がいたこと
その事実だけで幸せだ。

そういう気持ちは
共感。

それだけで
やさしい気持ちになれる。
自分は大丈夫だ。

***
本の中で、少女は
忘れ雪が願い事をかなえてくれるのは
自分を忘れないで、
という"雪"の願いのためだと
言っていたけれど

私は、四葉のクローバーに似てると
思った。

希少価値が高いから
それに願いをかける
その、存在に出会えたことからして
幸せだから。すごいことだから。
posted by: mary | | 23:59 | comments(2) | trackbacks(3) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 23:59 | - | - | - |
コメント
 
2005/05/27 2:54 AM
Posted by: zattchi
TBありがとうございます
奇跡ってすごいですよね
出会いって、はてしなく奇跡ですよね・・・
ぼくは、その奇跡をだめにしてしまったので、
この小説ははまりました・・・
2005/05/28 12:17 AM
Posted by: mary
コメントありがとうございます!!
ちょっと忙しくてTBのみになってしまってごめんなさい汗

出会い=奇跡って
いつも思って、その出会いを大切にしたいものですが
なかなかちゃんとできません。

縁って
やっぱ大切ですよね。
ご訪問ありがとうございました拍手









トラックバック
 
http://marymasa.jugem.cc/trackback/522
 
2005/04/16 8:56 PM
Posted by: はぐれ雲
「忘れ雪」
新堂冬樹の「忘れ雪」を読みました。 瀕死の子犬を偶然拾った深雪は、”忘れ雪に願い
2005/05/25 3:08 AM
Posted by: ミチミチ
「忘れ雪」
「忘れ雪」 作者 新堂冬樹 偶然ケガをした犬を拾った小学6年生の深雪は、忘れ雪に願いをかける。「この子を助けて!」・・・そこに通りかかった獣医目指す高校生の桜木が、子犬を家の動物病院で治療する。二人は仲良くなり、深雪は惹かれていくが・・・別れがきてし
2005/11/23 6:58 PM
Posted by: 乱読日記
忘れ雪
新堂 冬樹 忘れ雪 悲しい感動ですかね…。 最初のほうはほのぼのしてたんですけどね…。 何でこんなにすれ違ってしまうんでしょうね? うまくいかないもんなんですね…。 うまくいったら小説にならないか(笑) 内容的には十分楽しめたんですけど…。